桃花スリムの飲用でおなかがゆるくなる?

桃花スリムの原料は何?

 

桃花スリムは、便秘でお悩みのかたに大人気! 食物繊維が豊富に含まれていますから、腸を非常に良い状態に保ってくれます。

 

食物繊維豊富な素材として、ゴボウ根やハトムギなどが挙げられます。

 

ほかにもあります。ハニーブッシュや黒大豆は、更年期を迎えた女性の味方であるイソフラボンが豊富。柿葉やマクイベリーは、高酸化作用の強いポリフェノールがたっぷり含まれています。これらを始めとする厳選された12素材をうまく配合し、飲みやすい飲料に仕上げてあるのです。

 

便秘解消はもちろん、美肌も手に入ります。美肌効果があるカリウムが豊富に含まれたハイビスカスも素材のひとつです。

 

このように、女性目線で選ばれた素材がふんだんに使われているのも桃花スリムの魅力でしょう。
ただし、便秘解消というメリットがある一方で、もちろん副作用のリスクも存在します。

 

とはいえ、その副作用は、人間のからだに害を与えるほどで大きくありません。
ただし、摂取量が限度を超えると、体調不良に陥る可能性もあります。

 

 

多量の摂取でおなかが下ることも?

 

桃花スリムは、お通じを良くするための紅茶として大人気ですが、標準的な摂取量は1日1杯程度と考えられています。
これを超えて飲んだ場合、過剰な食物繊維の摂取により、かえってお通じが悪くなったり、おなかがゆるくなったりするリスクも考えられます。

 

食物繊維は、不溶性と水溶性の2種類に分かれています。バランス良く摂取しないと、効果は表れません。
ハーブティーは一般に、過剰に摂取すべきものではありません。

 

大豆や玄米など、不溶性食物繊維もきちんと摂取しながら、1日1杯を目安として飲むほうが効果的でしょう。