人気を2分する桃花スリムと美爽煌茶!どっちがオススメ?

便秘解消のハーブティーとしては、桃花スリムと美爽煌茶が人気を2分している現状です。この2つで、どちらを購入するか迷っている方もいるのではないでしょうか?では、両者の違いを徹底解説していきたいと思います。

 

成分内容はどう違うのか

 

どちらも便秘解消のためのハーブティーという点は同じですね。違いをあげるときに、まずは味と香りが気になるところでしょう。桃花スリムは、桃ベースの味になっていて、美爽煌茶の方はアップルティーのような味になっています。

 

原材料は、桃花スリムの方は「しょうが」「黒大豆」「キャンドルブッシュ」「マクイベリー」「ハイビスカス」「ゴボウ根」などが主なものになっていて、食物成分+ハーブがベースになっています。

 

一方美爽煌茶は、「カミツレ」「麦芽」「エビスグサ」「カワラケツメイ」など、植物素材がベースになっています。成分はそれぞれ違いますが、どちらも腸内環境を整えるのには最適な内容なので、甲乙つけがたいですね。

 

コストパフォーマンスはどちらが良い?

 

まず通常価格で比較すると、桃花スリムは30個入り4,286円、美爽煌茶は30個入り3,600円となっています。ですので、単品購入で考えるのなら美爽煌茶に軍配が上がりますね。

 

→→美爽煌茶のお試し価格や口コミ情報

 

しかしここで注意してほしいのが、長期で購入し続ける場合です。桃花スリムは実は定期コースというものがあり、こちらで購入する場合は30個入りで3,429円になります。こちらの価格だと、桃花スリムの方がコストパフォーマンスが良いと言えますね。

 

お得度は、単品購入か、長期での購入かによって変わってくるので、よく比較してから決めた方がよさそうです。どちらも同じくらい良い成分なので、長く続ける場合は安くなる桃花スリムの方がオススメですね。